プロフィール

カレーぴらふ

Author:カレーぴらふ
料理初心者がカレーを極めるまでのエンドレスカレー生活

最近の記事+コメント

Tree-Arcive

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

Lc.ツリーカテゴリー

Lc.ツリーリンク

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本のインドカレー(4: タマネギ炒め)

さて、前回切ったタマネギですが、いいかげん炒めろってハナシですね。
我慢の限界です。
いや、べつに我慢する必要ありませんが。

炒めるのは強火で。
某カレー伝道師の人のとこにも書いてあったし。
ていうか面倒だし
1時間もタマネギと向き合ってすごせるほど、ヒマじゃありません。

そのうち悟りがはいってきて、
この世にいるのはただ自分とタマネギだけ、
フライパンの上のタマネギの息遣い、焦げる寸前の声が聞こえてくる、
なんて境地になれるかもしれませんが。

…なりたいかなぁ…?
…そこまで逝っちゃったら人としてどうかなぁ…

そういう心配があるのでほどほどに。

スポンサーサイト

基本のインドカレー(3: タマネギ)

まず、タマネギを炒めます。
基本ですね。

そのタマネギは、紫のタマネギじゃないとダメー!!
インドの市場で売ってた小さい痩せてるけど味の濃そうなやつじゃないとダメーー!!!

…なんてことは多分ありません。
何でもいいんじゃないでしょうか。多分。
あ、けど新タマネギは違った感じになるのでヤメたほうが。溶けるし。

そのタマネギを、切ります。
まず半分に切って、そのあとは水平方向っていうか、横方向。
繊維を切る方向に薄く切っていきます。
均一な幅で切ると、火のとおりが均等になっていいらしいっすよ。
と、そんな豆知識を思い出しつつも、端のほうとか切りにくいし適当に。
テキトーに。えぇ、ほんとテキトーに。

だって・・・カレーでしょ?
そんな細かいところで手をかけたって・・・
しょせんカレーでしょ?

そんな、当blogの存在を根本から揺るがすような発言をしつつ、面倒になったので続く
#タマネギはラップかけて一晩くらいなら平気だけど、早めに食べましょう。

テーマ : カレー - ジャンル : グルメ

基本(至高の?)のインドカレー(2: スパイス)

最初に断っておきますが、料理は下手です。

しかも、大雑把で面倒くさがりなのであまり向いてません。
えぇ、向いてません。
そんな人が究極のカレー料理人を目指すストーリーですので。
現段階でのカレーセンスの無さには目を瞑っていただければと。


まずはスパイス。
カレー粉。

…とかいったら怒られますか?
「笑わせるな!!。士郎、おまえはインドカレーのことを何もわかってはおらん!!」
「海原雄山!!」
とかいって。
いや別に怒られてもいいけど。
ぐーたら社員ではあるけど士郎じゃないし。

だってお手軽やし・・・とか思います。 普通に。
だからカレー粉。
さすがにS&Bのとかだと悲しいのでちょっと良さそうなのを。
いや、S&Bだってモノはいいですけど。イメージが、ね。



カレー粉って一体なんでしょうか。
とりあえずカレーっぽいスパイスを集めたもの、ってことでしょうか。
見た目からしてとりあえずターメリックは確実です。
あとはクミン、コリアンダーは必ず入ってるでしょうね。
カイエンペッパー(唐辛子)もある程度入ってますね。
他にはフェヌグリークだとか。



それぞれ揃えようと思ったら、けっこうな出費です。

使い切れなかったりするし。

それだったらカレー粉でいいやん。
カレーなんだし。

それくらいのお気楽さで続けていくつもりです。
(ただ、限られた数種類のスパイスだけ使うのも美味しいんですが)

…またまた長くなりすぎたので続く

↑いいかげん作り始めろよ。そう思います。

テーマ : カレー - ジャンル : グルメ

基本のインドカレー

自分のカレーを整理する意味でも、まずは作ってみます。
自分の中のカレーと向き合う。
こう、なにか日本人的にグッとくるシチュエーションです。
インドカレーだけど。

これが究極のインドカレーだ!!!
なんてことは言いませんが。
言えませんが。
言える人いるの?って気もしますが。
言えちゃう人はいるかもしれませんが。某至高の人とか。


そんなことはいいとして、インドカレーです。
もとい、インドっぽいカレー。
どうでもいいですが。

基本的に、どっかで見たやりかたの劣化コピーです。
確認すらしませんが、きっとどこかで見た内容。
よく覚えてるのは、某カレー伝道師の人のところですので、そこの影響大です。

料理ってのは基本的にマネですので。
そりゃインド人だって3000年もカレーつくってりゃマネの繰り返しだろうし。
気にしません。
JASRACだって気にしません。
補償金なんて払いませんよ。

というわけで作ってみましょう。
まずスパイスは…


……長くなったので続く

カレープロフィール

カレーblogをはじめるにあたって、自己紹介から。
とっととカレーを作れってハナシもありますが、
どこの馬の骨ともわからない人間のカレーを食べてもらうわけにも。
べつに食べさせる予定もありませんが。誰にも。

大学のころ、ふと入った
下高井戸のタイカレー屋さん'ピキヌー'でタイカレーにはまりました。
ピキヌー、美味しかったです。いまは駒沢大のあたりに移転してますね。
その後は新宿を拠点にしていたのでランチを巡ってみたり。
新宿中村屋はもちろんとして、いろいろ行きました。
そんな単なる普通のカレー好きです。

そして4年前に突如として渡印してみたり。
レインボーマンには会えませんでしたが、普通にお仕事してました。
インド人に2度もマクドナルドで奢ってもらった男です。

去年、再びインドへ。
2週間、バックパックを背負ってブッダガヤとかバラナシとかへ。
普通に毎食カレーでした。
マトン(けど山羊)がおいしい。
朝食に食べた屋台のサモサもイケますね。
ガンジス川で汲んだ水で淹れたチャイもいけました。一応。

・・・というわけで、全く普通ですね。
お仕事も普通にカタい系サラリーマンですし。
趣味はバイクのレースやってたりしますが、まぁ普通です。

そんな普通の人が、ふとした思い付きからカレーblogを始めてみました。
いまんとこ、並以下の初心者ですが、このblogとともに進歩…はあまりする予定はありませんが、まぁ適当にカレーを作ってみようかと。

決して、華麗なる食卓 を一気読みしてその気になった、とかそういうことでは…

…決して…ないと思います(曖昧)

テーマ : カレー - ジャンル : グルメ

タグ : カレー 華麗 インド レシピ

鳥レバーのタイ風カレーもどき

レバーは臭みがあって苦手、って人も多いかと思いますが。

臭み消しっていったらアレですね。
ショウガ?
 いやいや、あれは優秀ではあるけど。
日本酒?
 うん、それもいいけどね。

やっぱ臭み消しにはカレーでしょう。



レシピは。

油をひき、そこにカピ(蝦醤、ハージャン)を入れ、香りを引き出す。
タイカレーペーストを入れる(手抜き)
ペーストに蝦醤も含まれてるので、これだけでも問題ないです。
そのまま野菜を炒める。
強火にしてレバーを炒め、日本酒をいれて蓋をする。
しばらく蒸すように煮て、出来上がり。

レバーは均等に切らないと、火の通りにムラができるので注意。



・・・っていうか、できました。ムラ。
なんだかなぁ。。。

テーマ : カレー - ジャンル : グルメ

基本のインドカレー

基本・・・知らないんですよね。
適当に作ってるもんで。



使ってるのは主にクミン、マスタードシード、コリアンダー、カルダモン、シナモンあたり。
それで香りをつけたら、あとはカレー粉を使っちゃったり。

あ、ヨーグルトがきれてたので少し牛乳を混ぜました

…適当すぎますか。

テーマ : カレー - ジャンル : グルメ

カレーblog

カレーblog始めました。
と、初夏に冷やし中華でも始めるかのように気軽に宣言してみます。
カレーblogですので。華麗に。えぇ。

カレーといっても範囲が広いですが。
大きく分けて、インドカレー、タイカレー、和風カレー、洋風カレー。
インドカレーでも、北から南から色々ありますし。
カレーとはいえないスパイス料理だってカレーみたいなもんだし。
タイカレーだって、他の東南アジア系カレーまで含んでもいいし。
和風カレー、主に市販のカレールーを使ったものだってアリだし。
ちょっとレストラン風な、フォンから作る洋風カレーだって美味しい。

それら全てをひっくるめた、究極のカレー料理人
そういうひとに、わたしはなりたい(<宮沢賢治風)

そんなわけで、その色々なカレーに挑戦していく記録をここに綴ろうかと。

ちなみに、料理は初心者です。
ちゃんと計量して本通り作ったりしたことはあまりありません。
いつも適当。
その辺も矯正しつつ、カレーマイスターを目指します。

まぁ…言ったもん勝ちっつーか。
とりあえず宣言するだけしておけ、っていうか。
そんなカレーなるお話。

テーマ : カレー - ジャンル : グルメ

| ホーム |


 BLOG TOP 


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。